カフェ集客方法

【500店舗限定】
\初期費用0円/

トップページ > 新潟県 > 上越市

「広告でお客さんを呼んでも継続してくれない」

「SNSで集客しようとしても競合が多すぎる」
当サイトでは新潟県上越市で、このようなカフェの集客に関するお悩みを抱えている方に、自分でできるMEO対策をご紹介します。

まずはじめに聞きなれない言葉から解説していきますと、

MEOというのは、Googleマップの地図情報の最適化を行うことを言います。Map Engine Optimizationという言葉の略になります。

現在、Googleの検索エンジンは地域+目的で調べると該当する店舗を地図上に表示するサービスを始めています。

それに伴って、この辺にいいお店ないかな?というときに、食べログやRettyなどではなくGoogle検索や地図アプリから直接調べたりすることも増えてきました。

このような状況下で、「地域+カフェ」でMEO対策をしていないということは、「今すぐ行きたい」という非常にモチベーションの高い状態のお客さんを素通りさせてしてしまっているということにもなってしまっているのです。

とにかく近くにあるお店を探そうと思っている人に回答できるシステムがすでにあるため、そういうお客さんをターゲットにできていなかったという現状をまずしっかりと理解して、対策を行うということが必要になってきています。

あなたは、準備出来ていますか?

もし、このことを知らないままだとしたら

  • タウン誌にお金を払って掲載してもらう
  • 他のWEBサイトに広告費を払って掲載してもらう
  • クーポンを発行してその見返りにお客さんに来てもらう
  • 向き不向きのあるSNSの情報発信

といった従来の方法での競争に頼らざるをえないでしょう。

使ったことがある方はご存知かと思いますが、特にクーポンでやってくるお客さんは、クーポンのあるお店をはしごするなど、はじめからその場限りの関係で終わることが多く、労働時間あたりの利益が徐々に減っていくことが少なくありません。

しかし、お客さんが検索して直接予約できるような時代になってきているのだとしたら、他の媒体に頼るのではなく、自分で直接集客することを目指してみるのは、シンプルな結論といえるのではないでしょうか?

ただし、新しいことをはじめるのは本当に大変なことです。

とはいえ、まだライバルが少ない今だからこそはじめると大きな効果が期待できるとも言えます。

MEO対策のノウハウに基づいて行ってくれるサービスを利用すれば、「知識を身に着けるためのコスト」「作業に必要な時間的な制約」を省略できます。しかも費用も従来の広告よりも格段にお得です。

現在感じている壁を打破して、お店と共にさらに飛躍していくために、ご検討なさってみてはいかがでしょうか?

500店舗限定
\初期費用0円/

月額1,980円から
初期費用月額料金キーワード対策
0円※月額1,980円1ワード980円
基本サービス対策可能ワード数契約の縛り
掲載情報の最適化5ワードまでなし

※現在、キャンペーン中につき0円中。

  • 表示数、アクセス数、直接の予約件数の向上が期待できる
  • 導入費用、料金が安い
  • 縛りがないのでいつでも解約できて安心

【意外な効果①】今すぐ客に強い
Googleマップにお店の情報が掲載されるようになれば、急に雨が降った、時間をつぶしたい、のどが渇いたから、といった不意にカフェによってみようと思う人にアプローチできることになります。

【意外な効果②】悪評対策
お客さんが思い通りにならなかったことを悪評として書かれてしまうことは、どのサービスでも頭を抱える問題です。ここで、提供するサービスの内容を正しく簡潔に伝えるライテイングが効果を発揮します。お客さんとサービスの不一致を少なくしていくということは、間接的ではありますが、ネットの口コミ対策にも繋がります。

まとめ

大きく変わっていくライフスタイルの中で、集客は自分でするものに変化しつつあります。

しかし、個人経営のカフェでは一人でできることには限りがあります。

そこで、低価格でまかせられる集客のプロをいかにしてうまく使うかがポイントになってきました。

ユーザーと自社を直接つなげてくれる「脱広告型戦略」を実行してくれて月々1,980円からという低コストな「マイビジ」は、早く取り組んだほうが有利です。特に競合が少ない地方のカフェほどその効果は大きいといえるでしょう。

新潟県上越市の方向けMEOに関するよくある質問

詳しく知りたい方や、なんとなく知っていたけど手を付けていなかったという方からのよくある質問をまとめました。

Q.MEOをすることでどういうメリットがあるの?

A.あなたのお店がGoogleのサービスで表示されやすくなります。

地域名+カフェと検索すると、その地域の情報がたくさん出てきます。
このとき、しっかりと情報を整えておくことができれば、その場ですぐ申し込みをしてもらえます。
特に最近では、スマホで「カフェ」と単に検索した場合でも、その場所の近くのカフェが表示されるようになっていることにお気づきでしょうか?
このように、WEBサイトを見るまでもなくお客さんが直接流れていくのが今の時代です。
この時代の流れを乗りこなして、お客さんの目に入るところに露出していき、表示を最適化していきつつ、結果として広告などの外部依存から値け出していくことがMEO対策のメリットといます。

Q.MEO対策も結局広告と同じじゃないの?

A.広告依存型とは大きな違いがあります。

広告出稿する場合、仕組み上広告を出すメディアの特徴やメリットに響く人が来るということになっています。
クーポンなどがそのいい例で、お客さんはクーポンが目当て(ストレートに言うと安くてコスパがいいお店)になってしまうことが多いというのはそういうことです。
もし、お客さんがいる場所で直接勝負ができるとすれば、集客につながる機会が増えることになります。

カフェのMEO対策で集客するなら

新潟県上越市のカフェ集客なら